So-net無料ブログ作成

深海の超巨大イカ (ダイオウイカ) NHKスペシャル 撮影に成功 [映画]

スポンサーリンク




NHKスペシャルで撮影に成功した深海の巨大イカ_prw_PI2fl_b3md3e85.jpg

8月17日(土)から映画公開となりました。


この映画は、生きたダイオウイカの姿を世界で初めて深海で捉えた、世紀のスクープ映像が話題をさらった科学ドキュメンタリー「NHKスペシャル 世界初!深海の超巨大イカ」が、劇場版となって全国映画館で上映されます。


「NHKスペシャル」の本編に加え、劇場版のために新たに制作されたオリジナルメイキングも上映、テレビでは放送されなかったダイオウイカ撮影の驚くべき舞台裏を公開、ダイオウイカに遭遇した奇跡の瞬間をスクリーンで体験できるとあります。
 

【作品紹介】一部抜粋

 伝説の怪物として、長きにわたり恐れられてきた超巨大生物・ダイオウイカ。

しかし、その姿は21世紀の今なお、神秘のヴェールに包まれていた。


その、地球の海「最後のミステリー」といわれる幻の超巨大イカの撮影に、NHKと国立科学博物館などの国際チ

ームが挑戦し世界遺産の小笠原諸島を舞台に、科学者やエンジニアなど11カ国から50人のスタッフが結集。


透明ドーム型で340度の視界をもつ最新鋭の潜水艇2隻に、NHKが開発した深海用超高感度カメラを搭載。

水深一千mの深海に潜航。


目指すのは発光生物や新種の生物に満ちた深海の秘境・トワイライトゾーン。

ダイオウイカを誘き出すため、科学者たちは大胆な作戦の数々を展開した。


そして、ついに……

10年もの歳月をかけた調査は、奇跡を呼び起こした。

人類が初めて遭遇したその姿は、黄金にまばゆいばかりに輝いていた!!








と、普段では見ることができない世界初の貴重な深海でのダイオウイカの映像のようです。

ダイオウイカは最大で18mにもなるそうで、ビル等で言えば5、6階程度に相当します。

そう考えると大きいですね。



他にも、巨大な海洋生物はどんな生物がいて、どれくらいの大きさなのかを調べてみました。

色々いるものです。



ちなみにロンドンの博物館で展示されている巨大イカ

1345843759.jpg


ロンドンの自然博物館で、全長8.62メートルの巨大イカが公開されています。

この巨大イカはこれまで発見された中でも最大クラスで完全な標本とみられる。

塩水とホルマリンの混合液が入った水槽で保存されている。

巨大イカは2004年3月15日、南大西洋のフォークランド諸島沖、水深220メートルで捕獲されたそうです。






イカといえば反対にタコはもっと大きいのがいないかと調べてみましたが、意外と写真や資料がないようで、世界最大のタコはミズダコで、大きいものは体長3m、体重50kgに達して特に珍しくないようです。



なのでついでに、その他の巨大生物をご紹介します。

●巨大 伊勢海老
18.jpg
うーん、食べたい。

●巨大 エイ

1_stingray_461.jpg
うーん、食べられない。

●巨大 クラゲ

6face841.jpg
うーん、遭遇したくない

●巨大 … 

a0050846_1215107.jpg

うーん、何やら怒ると危険みたいです。

あ、これは違いましたね(笑)


●巨大 マンボウ?

6ab9af20.jpg

うーん、こんなの水揚げされたらビックリです!!




調べてみると地球には、まだまだ色んな巨大生物がいます。

少し怖いような夢があるような・・・



特に深海には、まだ見ぬ巨大生物がいてもおかしくありませんね。

深海には、まだロマンが埋まっているのかもしれませんね。


巨大とまでは、いきませんが・・・北海道産で、送料無料です。



するめには、新潟の地酒で一杯


スポンサーリンク

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます